サッカービジネスを、もっと速く。

Football Management Group

社長ブログ

【社長ブログ】Vol.9 サッカー選手の移籍とは(1)

更新日:

こんにちは。

Football Management Group代表の坂本です。
今回より「サッカー選手の移籍」について、書いていきたいと思います。

前回まで、選手エージェントがどのような契約を選手と交わし、
また、選手とクラブがどのような契約を交わしているのか、見てきました。

それでは「移籍」というのは、どのようなオペレーションなのでしょうか?

「移籍」とは、つまり既存のクラブとの契約を終えて、
別のクラブと新たに契約を締結することを意味します。

一方、「期限付き移籍(レンタル移籍)」のように、
既存クラブとの契約を残したまま、別のクラブと新たに契約を結ぶような
「移籍」もあります。

区別するために、前者は「完全移籍」と呼ばれています。

そしてこの移籍オペレーションこそが、
選手エージェントの力が最も試される場とも言えます。
選手側もエージェントと契約を結ぶ際に、
この力量は必ずチェックする項目と言えるでしょう。

では具体的に、選手エージェントはどのように移籍オペレーションを遂行するのでしょうか。

そこでまず、知っておかなければならないルールがあります。
日本サッカー協会が定めた国内規約を見てみましょう。

2-1 本協会への登録
⑪ 登録ウインドー
(1)Jリーグ又はJFLの第1種チームについては、選手は、本協会が定めた年2回の移籍を認るる期間(以下「登録ウインドー」という)においてのみ登録されることができる。

3-1 移籍の種類
④ プロ選手がプロ選手として移籍する場合
(1)(前略)当該プロ選手は、当該プロ選手のその時点のクラブとの契約が期間満了したか、又は期間満了前6ヶ月間に限り、他のクラブと契約を締結することができるものとする。(後略)

- 日本サッカー協会「プロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則」より抜粋

まず、「登録ウインドー」と呼ばれる移籍を認める期間があり、
それは年に2回しかないということ。

そして、移籍先との契約は、元のクラブとの契約満了後か、
契約満了6ヶ月前から締結可能になるということ。

いずれにしても、限られた時間の中で、
エージェント達は移籍オペレーションを遂行することになるのです。

次回は「選手の移籍」について、更に深掘りしていきたいと思います。

【ご案内】
「未経験からできるサッカー選手仲介人養成講座」
2018年第2期生の募集を開始しました!

8月下旬からスタートする2期生向け講座は、新たに平日夜クラスを増設。
より受講しやすいプログラムになりました。

7月下旬には無料の講座説明会も開催します。
ご興味ある方は、以下のリンクより情報をチェックしてください。

講座説明会(無料)に参加する
本講座に申し込む
問い合わせする

(つづく)

-社長ブログ
-, , , , ,

Copyright© Football Management Group , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.