サッカーで もっと豊かな人生を

Football Management Group

社長ブログ

【社長ブログ】Vol.1 エージェントの報酬(1)

更新日:

こんにちは。

Football Management Group 代表の坂本です。
前回に引き続き、「サッカー選手エージェントのお仕事」について、
書いていきたいと思います。

中でも今回は、皆さんが気になる「エージェントの報酬」について。
皆さんは、エージェントがどのくらい稼いでいるか知っていますか?

2010年の創設以来、「GLOBE SOCCER AWARDS」で実に7回、ベストエージェントに選ばれているがポルトガル出身のジョルジュ・メンデス氏。
彼の所有するGestifute社はレアル・マドリードのC・ロナウド選手や、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督等をクライアントに持ち、米「フォーブス」誌によれば、2017年度の選手コミッション合計額は、7690万ドル(約84.6億円)と伝えています。

#8 Gestifute International/ $76.9 Million
Gestifute is a Portugese powerhouse that represents some of the very best soccer players in the world. Gestifute is headlined by super agent Jorge Mendes, as well as a roster of bonafide superstars (including Thiago Silva, James Rodriguez, and Christiano Ronaldo).

ー「The World's Most Valuable Sports Agencies 2017」(米Forbes電子版より抜粋)ー

この金額、思っていたほどではないと感じませんか?

エージェント個人として考えた場合、年間85億円のコミッションは大金ですが、Gestifute社は既に多数のスタッフを抱え、複数のオフィスを構える企業。そう考えると、大した金額ではありません。

一つ言える事は、この金額は選手コミッションのみの合計額という事です。

例えば、前述のC・ロナウド選手で言えば、クラブからの報酬以外にも、ナイキを始めとする世界的な企業との契約や派生するビジネスで、時にクラブからの報酬を上回る様々な報酬を得ています。
エージェントはそういったクラブ関連以外の報酬からも、コミッションを得る事が可能だという事。つまり、この85億円に含まれない様々な売上が存在するという事です。

更に言えば、昨今の移籍金高騰を背景に、選手ではなくクラブの代理として、移籍オペレーションの仲介で利益を上げるエージェントが増えているようです。

昨年8月、歴代最高の2億2200万ユーロ(約289億円)でパリ・サンジェルマンに移籍したブラジル代表のネイマール選手の場合、彼のエージェントを務める父親に、移籍オペレーション成功の対価として、6000万ユーロ(約78億円)が支払われたと言われています。

この78億円は、「選手とクラブとの契約交渉を仲介する」対価として得る選手コミッションとは別の話、別の財布の話なのです。

次回も引き続き、エージェントの報酬について、
考えていきたいと思います。

来月より、未経験からできる「サッカー選手仲介人養成講座」をスタートします。
GW明けの5/8(火), 5/12(土)には同講座の無料説明会も開催します。
ご興味ある方は上記リンクから、詳細をご覧ください^ ^

(注)本記事内にある金額表示は便宜上、1ドル=110円、1ユーロ=130円として計算しています

(つづく)

-社長ブログ
-, , , , ,

Copyright© Football Management Group , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.